facebook twitter instagram LINE

活動情報

2019.02.21

党活動

統一地方選挙用の政策を発表しました

希望の党統一地方選挙用柱政策

 

<柱政策1:経済>
「消費税増税は凍結!増税の前に、地域経済を元気に!」

 

 日本全体がデフレから完全に脱却し、安定的に経済が成長するまで消費税増税は凍結します。消費税増税の前に、東京一極集中ではなく、日本全体に景気回復の実感が行き渡る経済・財政政策を推進し、地域経済を元気にします。

 

<柱政策2:医療・介護>
「安心の地域医療・介護。行き場のない患者をつくらない!」

 

 安心の地域医療・介護を実現します。かかりつけ医の充実と専門医との連携を進めます。介護従事者の大幅な処遇改善をしつつ、認知症サポーター制度を促進します。健康診断受診率を向上させ、健康寿命を延ばします。

 

<柱政策3:子育て・教育>
「児童虐待・いじめ撲滅。子どもの成長を地域の活力に!」

 

児童虐待・いじめ撲滅のため、縦割り行政を排除し、子ども家庭総合支援拠点を早急に充実します。保育所や幼稚園の無償化や小児医療の無料化を拡充します。体験教育、スポーツ、ボランティアを重視し、子どもの生きる力を育みます。

 

<柱政策4:まちづくり>
「暮らしやすいまちづくり。地域の防災力を高める!」

 

 駅のエレベーターやホームドアの設置などバリアフリー化を推進します。電柱ゼロで美しく安全なまちにします。老朽化の進んでいる社会資本の整備を図り、地域の防災力を高めます。費用補助などで空き家対策を進めます。

 

<柱政策5:暮らし・環境>
「市民とつくる、市民とまもる、暮らしと環境!」

 

 リサイクルできないプラスチックごみの全廃を目指します。美しい空気を確保するため、受動喫煙防止や花粉症対策を進めます。地域の歴史・伝統を活かした文化の創造を図るとともに、文化の国際交流の場を提供します。

 

<柱政策6:行財政改革>
「民間の力とITを活かして、行政こそが生産性向上を!」

 

 ペーパレス化・デジタル化・ハンコゼロ化を徹底し、女性幹部・民間人材の積極的登用や民間活力の導入を進めることで、行政の生産性向上と手続の透明化を実現します。地方公務員の人事評価を厳格化し、行政サービス向上を図ります。

 

<柱政策7:議会改革>
「議会の見える化、身を切る改革を大胆に実行!」

 

 政務活動費の収支報告書と領収書の公開、議会報告会の義務づけにより、議員や議会の見える化を図ります。議会の夜間や土日開催を推進します。政令指定都市の道府県議員の定数を半減し、身を切る改革を実行します。

 

 

統一地方選挙政策集はこちら