facebook twitter instagram LINE

活動情報

2019.03.11

党声明・談話

東日本大震災八周年を迎えて

東日本大震災八周年を迎えて

 

本日、東日本大震災の八周年を迎えるに当たり、希望の党を代表して、謹んで追悼の言葉を申し上げます。

東日本を襲った巨大地震と津波により、2万人を超す死者、行方不明者が生じました。最愛の御家族や御親族、御友人を失われた方々のお気持ちを思うと、今なお哀惜の念に堪えません。ここに改めて、衷心より哀悼の誠を捧げます。また、被災された全ての方々に、心からお見舞いを申し上げます。

八年の歳月が流れ、被災地では復興が一歩ずつ着実に進展しております。しかしながら、年々高齢化していく被災者を始めとし、いまだに人知れず苦しんでいる人も多くいるのではないかと心配しております。
被災者お一人お一人が置かれた状況に寄り添いながら、一日も早く普通の生活が取り戻すことができるよう更なる努力が必要です。

日本は美しく豊穣な自然に恵まれていますが、その自然は一転して凶暴となる時があります。昨年夏、三陸沿岸を視察した時、この穏やかで美しい海が、時折悪魔の如く襲いかかってくるとは、とても信じられませんでした。
私たちは、この大震災の大きな犠牲の下で学んだ貴重な経験を生かし、ハード・ソフト両面に渡る防災対策を更に強化し、災害に強い、強靭で安全な国づくりを進めていかなければなりません。

我が国は、幾度となく、国難と言えるような災害に見舞われてきましたが、その度に、希望と英知をもって乗り越えてまいりました。
今なお苦しんでいる人々に思いを寄せ、御霊の永遠に安らかならんことを改めてお祈り申し上げます。

平成31年3月11日       
希望の党 代表  松 沢 成 文