facebook twitter instagram LINE

活動情報

2019.05.03

党声明・談話

憲法記念日談話

 憲法記念日談話

 

 本日、72回目の憲法記念日を迎えました。

 日本は、日本国憲法の下、先人達のたゆまぬ努力により、平和で豊かな国を作り上げ、世界の平和と繁栄に大きな貢献を重ねて参りました。改めて先人達のご努力に感謝申し上げると共に、今を生きる私たちには、未来への責任を果たさなければなりません。

 憲法とは、その国の歴史、文化、伝統を踏まえた国柄を抽出し、具現化したものであり、かつ、国の未来と理想の姿を語るものです。新しい元号の下、現在の国の内外の状況を直視し、新しい時代の国の未来と理想の姿を描くことが必要です。

 憲法改正は、希望の党の結党の理念であり、これまで憲法について積極的に議論を進め、①憲法第9条改正案、②新しい人権規定(プライバシー権・知る権利)、③地方自治、④国家緊急事態の4項目についての条文案を発表しています。

 憲法は、主権者である国民のものです。新しい時代にふさわしい憲法のあり方を議論することは、立法府である国会に求められている最も重要な役割の一つです。希望の党は、これからも不断に、そして真摯に憲法論議を進めて参ります。

 今後、憲法審査会を通して、希望の党の条文案を憲法改正案に盛り込んでいけるよう全力で取り組んで参ります。 

 しかしながら、今、国会においては、憲法審査会がほとんど開催されておりません。希望の党は、国会の場で、憲法改正論議を行うことは、主権者である国民から負託を受けた国会議員としての責務であると考えています。

 国会議員であれば、憲法改正に賛成であれ、反対であれ、憲法審査会の公開の場で、正々堂々と自党又は己の信念や意見を表明し、建設的で活発な論戦を行い、主権者である国民に最終的判断を委ねるべきです。

 しかるに、多くの野党は、憲法審査会の開催すら拒否しているありさまです。これは、己の職責を放棄するばかりでなく、少数政党の発言の機会すら封殺する暴挙です。これこそ主権者である国民を愚弄する、反立憲主義、反民主主義的態度であると言わざるを得ません。

 希望の党としては、憲法記念日を機に、立憲主義、民主主義に則り、国会での憲法論議を活発化させ、国民一人一人に憲法改正の必要性を粘り強く訴え続け、ご理解を頂けるよう一層の努力を重ねることをお誓い申し上げます。

 

令和元年5月3日

希望の党 代表  松 沢 成 文