facebook twitter instagram LINE

活動情報

2019.05.17

党活動

【5月16日】松沢成文代表 定例記者会見&希望の即答vol.36

5月16日に行われた松沢成文代表の定例記者会見の動画を公開しました。

 

 

【内容】

・維新、丸山衆議院議員の北方領土に関する発言について(0:14頃~)

 

衆議院日本維新の会の丸山穂高代議士の北方領土訪問での発言が今大変大きなニュースになっています。私としても、当然政治家としてのこの発言は極めて重大であり、日本の国益、外交、そしてまた日本国憲法の精神を考えてもあるまじき発言だというふうに思います。本人は離党届を出したけれども党の方では除名処分、それに対して議員辞職を迫る声が方々から出ていますけれども、議員辞職のつもりはないと。辞職勧告決議案もおそらく衆議院で出されるんでしょう。 ただ、これは法的拘束力がないので、ご本人はツイッター等で「辞職しない」「それなりの反論をする」とそんな感じのコメントを出していました。
われわれは参議院なので、そこの立場にはいませんけれども、やはり単なる政治家の失言とは質が違うわけですね。これまで政治家の失言が問題になっていたことはいくつもありますけれども、日本国憲法の平和主義、あるいはもっと言えば戦争を手段としてものごとを解決したらどうかという提案、発想は絶対に許されることではないと思っておりまして、即刻議員辞職をするべきだと考えております。

 

 

・米中の貿易戦争と日本の立場について(2:40頃~)

 

米中貿易摩擦、貿易戦争がとどまるところを知らず、もう関税の報復合戦になっているということです。大恐慌の時もブロック経済化がどんどん進んで関税を掛け合って世界経済が完全に崩壊したという歴史もあるわけで、やはりアメリカ経済圏、中国経済圏、正面から対立することになって、そこで関税を掛け合っていたら、悲惨な思いをするのは全世界の消費者であり、ある意味では企業であります。
どうにかこれを収めるための、もちろん当事者同士の話し合いもそうでしょうが、特に6月にG20がありますので、ここで安倍総理が議長ということでもあります。そしてトランプ大統領と習近平国家主席がいらっしゃるということなので、ここで、多国間でこういう馬鹿げたことはやめようという議論に持っていく。あるいは二国間のトップ会談があるのかどうか、そのトップ会談ができるように、うまくいくように、安倍総理が議長として、あるいは米中両国の間にある大国、日本の首相としても汗を流すべきだというふうに考えています。そういう大変意味でも重要なG20になってきたという認識をしております。

 

 

・マスコミ各社質疑応答開始(4:24頃~)

 

 

また第36回目の希望の即答(令和元年.5.16)も行いました。
こちらもぜひご覧ください。

 

 

 

※この動画は5月16日に放送した、ニコニコ生放送の模様をアップしております。マスクマンの手書きフリップは生放送時に頂いたコメントへの返信になります。

 

Q1:麻生さんは日本経済が消費税増税に十分耐えられると語りましたがいかがでしょうか?(0:32頃~)

Q2:東京医大の不正入試、補償金額が10万~600万円と受験生からあまりに安いという声が上がっています。どう思われますか?(7:12頃~)

Q3:丸山穂高議員への辞職勧告決議案が検討されていますが、希望の党はどのように対応しますか?(8:26頃~)

Q4:GW明けて5月病でやる気がでません。どうしたらやる気がでるのでしょう?(12:10頃~)

Q5:大津市で保育園児が巻き込まれた悲しい事故がありましたが、記者会見で保育園の管理体制を質問攻めにするようなシーンもありました。マスコミって何様なんでしょうか。(13:11頃~)

Q6:やっとタブレットで答弁がOKになるそうですが、やっとですね。ただ上手く使いこなせない人もいそうですね。(15:51頃~)

Q7:NHK受信料収入が過去最高を記録しました。儲かり過ぎじゃないですかね?(18:23頃~)