facebook twitter instagram LINE

活動情報

2019.05.24

党活動

【5月23日】松沢成文代表 定例記者会見&希望の即答vol.37

5月23日行われた松沢成文代表の定例記者会見の動画を公開しました。

 

 

【内容】

・衆参ダブル選挙の可能性とその理由について(0:16頃~)

 

参議院の選挙に合わせて衆参ダブル選挙の可能性が言われていますが、私は先週も申し上げましたように五分五分の可能性はもう超えていると感じています。安倍政権にとって非常に有利な状況にあるんだと思います。

1つは、政権とあと自民党の支持率もかつてないほど高いわけですね。それから対戦相手の与野党の選挙準備がほとんど進んでいない。これはどう見ても有利な大きな条件だと思いますし、私はもう1点、もし本当に安倍内閣が憲法改正を目指すのであればここで勝負に打って出るしか、憲法改正を成就できる方向が見えないんじゃないかと思っています。私たちは憲法改正推進派ですので、それは歓迎するところであります。

また、これ以上総選挙を先に延ばしてしまうと自分の総裁任期にどんどん迫るということ、スケジュールが大変混んでいるということ、ひょっとしたら世界経済情勢が米中の貿易摩擦そして国内経済情勢の消費税の増税が終わった後にかなり厳しくなる可能性があるのでそういう中で打つ選挙は大変厳しいということ、こういう総合的な環境を勘案すると、私は7月なのか8月なのか分かりませんけれども、衆参ダブル選挙に打って出る可能性は高まってきていると見ております。

 

 

・希望、維新、共同でJTの完全民営化等に関する法律案を提出(2:40頃~)

 

2点目にちょっと政策的な話ですが、私ども希望の党と日本維新の会の会派合流の一つの約束ごとでありました、JTの完全民営化法案を先週の金曜日に参議院の方に両党の共同提案で提出をいたしました。

タバコ規制の問題に県知事の時から取り組んできて、この前国民健康増進法の改正案、受動喫煙防止の法案も不十分ながら一応かたちができて、自分なりの公約は果たせたと思いますが、それをさらに推進するためには、JTというタバコ会社が株式会社ではありますけれども筆頭株主が財務省という特殊会社でありまして、分かりやすく言えば半国営会社であります。従ってこのJT法、たばこ事業法を廃止ができれば、JTの財務省が持っている株を完全に民間に放出することによって2兆円以上の株を売った収益が国庫に入ります。これはもし消費税を先送りするとさせる、凍結するとしたらその財源にもなりますし、あるいはたばこ税は一般財源ですから国の財政に優位に使えるということであります。

特に強調したいのは、たばこ会社を国が筆頭株主として支える、あるいはたばこ事業法のもとにたばこ産業全体を国家が管理するというようなことをやっている国は OECD の先進国では日本だけです。韓国も数年前に完全民営化しました。逆に言えばタバコ産業を国家管理で運営しているのは世界の国でも中国と北朝鮮ぐらいでありまして、日本はそれと近いレベルにまだあるわけですね。

ただ財務省が抱えているということで、国会議員さんも財務省とは仲良くしたいんでしょう。ほとんどこれに声をあげる人がおりませんので、このタバコ利権を壊していかない限り、日本のタバコ規制も国際水準にはなっていかないという思いでこの法案を出させていただきました。財務省も自民党もこの法案審議は逃げてくると思いますから、吊るされて審議まで行くのは非常に難しいですが、私たちがこの法案を出した後に、証券会社の友人から結構株式市場が反応しているよと。色々意見が出てきています。もしそういう方向になったら非常に動くわけですから、まず世論から応援していただけるように盛り上げていきたいと思っています。

 

 

・丸山穂高議員の辞職勧告決議、譴責決議案について(6:19頃~)

 

 

それから3点目。話題となっていますのは丸山穂高議員の辞職勧告決議、あるいは自民党が出している譴責決議案がどうなるかということです。これは衆議院の問題で、私は参議院議員なのでそこまでコメントするつもりはありませんけれども、政治家の出処進退は最高の政治倫理であるという言葉もありますように、丸山議員はあの暴言以外にも相当ムネオハウスでの行動がひどかったらしくて、週刊誌報道にもあるようで、ああいう行動をしてしまったことは国会議員として許されないことでありまして、自ら辞職をするという決断をしていただきたいなと思っております。

 

・マスコミ各社質疑応答開始(7:22頃~)

 

また第37回目の希望の即答(令和元年.5.23)も行いました。
こちらもぜひご覧ください。

 

 

※この動画は5月23日に放送した、ニコニコ生放送の模様をアップしております。マスクマンの手書きフリップは生放送時に頂いたコメントへの返信になります。

 

Q1:国会議員が会期中に海外に行く際には、所属する院の議長に請暇願を日程表と共に提出しなければならないと聞きました。他にも国会議員ならではの珍しい手続きなどがあればご紹介下さい。(0:41頃~)

Q2:箱根山の噴火警戒レベルが数年ぶりに引き上げられました。箱根に限らずこういうことが起きると地元自治体や観光業界はすぐに解除を要望する印象ありますが、安全性担保できないのに無責任だなぁと思ってしまいます。気持ちは良くわかりますけど。(6:13頃~)

Q3:今度は有名芸能人が大麻で捕まりましたね。大麻擁護論者もいるようですがどう思われますか?(11:00頃~)

Q4:路上喫煙禁止条例は多くの地域で施行されているように思いますが、取り締まっているところを見たことがありません。ぜひ希望の党には各自治体への取り締まり強化の働きかけをしていただきたいです。(14:00頃~)

Q5:ドラマ「半沢直樹」2020年に続編決定したそうで楽しみです。松沢代表は前作ご覧になりましたか?また、政治の世界で『倍返し』したい人はいますか?(16:46頃~)

Q6:丸山穂高議員の発言が問題になっていますが、戦争以外で北方領土を取り返す手段があると思いますか?(18:09頃~)

Q7:マスコミや野党の論調は、女性天皇女系天皇容認というかそうすべきという方向に偏向。今だけの浅知恵で約2600年間続いてきた日本の伝統を壊してはいけません。(21:57頃~)

Q8:中国のファーウェイとの取引を停止する企業が次々と出ていますが、ファーウェイのスマホを持っている人にとっては少々心配です。米中の摩擦、ちょっといきすぎじゃないですかね?(26:25頃~)

Q9:松沢代表がいつも欠かさず持っているものは何ですか(29:46頃~)