パワーストーン

モリオンとルチルクォーツの相性は金運とお守り!運を高める天然石

モリオン,ルチルクォーツ,相性

金運と邪気を払ってくれるお守りの力がほしくて、色々を天然石を調べてみました。

モリオンとルチルクォーツの相性は金運とお守りです。
また、モリオンとルチルクォーツは運を高める天然石だとわかりました。

ではさっそく、モリオンとルチルクォーツの相性は金運とお守りをみていきましょう。

モリオンとルチルクォーツは運を高める天然石!

モリオン,ルチルクォーツ,相性

ルチルクォーツと言えば、金運がアップすると言われている天然石!

この石に相性の良い石を組み合わせることで、最強の効果が得られることに。

ここでは、モリオンとルチルクォーツの天然石についてご紹介しますね。

モリオンは邪気払いの天然石

モリオン,ルチルクォーツ,相性

モリオンは黒水晶とも呼ばれています。

キーワード 邪気払い、魔よけ、浄化など
硬度 7
ブラック
特徴 水晶でも全く透明感がない。幻の水晶とも言われていました。
パワー 強い浄化作用を持っていて、最もパワーの強い魔よけの天然石。
こんな人におすすめ 負のエネルギーをもらいやすい人は身に着けると心身ともに楽になるでしょう。不幸を寄せ付けない力を持っていますので、災い続きの人や災難にあいたくない人にもおすすめ。

モリオンには、以上のような天然石の特徴があります。

ルチルクォーツは金運の天然石

モリオン,ルチルクォーツ,相性

ルチルクォーツは針入り水晶とも呼ばれています。

キーワード 金運、勝負運、活力など
硬度 7
ゴールド、シルバー、レッドなど
特徴 クォーツ(水晶)の中にルチル(金紅石)を内包したもの。
パワー 金運強化のほかに、ギャンブルや投機などの“ここぞ”と言うときに力を発揮する勝負運があります。
こんな人におすすめ 金運を高めたい人や目標を達成したい人、また試験や仕事のプレゼン時にパワーがほしい人におすすめ。

ルチルクォーツには、以上のような天然石の特徴があります。

なぜ天然石には相性が必要なの?

モリオン,ルチルクォーツ,相性

天然石を組み合わせる効果は、掛け算と足し算と引き算から来たもの。

もし、金運とお守りの力がほしいと思ったとき

  1. 金運が強いルチルクォーツのパワーをもっと強くする掛け算の効果
  2. 金運が強いルチルクォーツに足りないお守りのパワーを追加する足し算の効果
  3. 金運が強すぎるルチルクォーツのパワーを身に着けやすいパワーにまで落とす引き算の効果

天然石の相性で以上のような効果が期待できます。

モリオンとルチルクォーツの相性で金運とお守り効果が期待できます!

モリオン,ルチルクォーツ,相性

ここでは、モリオンとルチルクォーツの相性をみていきましょう。

モリオンとルチルクォーツの相性は、金運とお守りに力を発揮する天然石なのでしょうか?

モリオンとルチルクォーツの相性①金運とお守りの効果

モリオン,ルチルクォーツ,相性

モリオンはお願いを聞いてくれるお守り力が非常に強くて目標を達成する力も貸してくれます。

ルチルクォーツ金運の力が強く、仕事運もある天然石です。

モリオンとルチルクォーツは、金運の中でもを応援してくれます。

まさに、ガーネットとルチルクォーツの相性金運とお願いに特化!

もし、お守りなど全体の運気を高めたい人は以下をご覧ください。

ガーネットとルチルクォーツの相性②水晶

モリオン,ルチルクォーツ,相性

金運とお守りそして仕事運や目標達成の力の他に、恋愛運や癒しの力がほしい人水晶をプラスしてみてください。

水晶は、全ての運気を持っている天然石。

また、どの天然石を合わせても相性は抜群に良いのです。

水晶をプラスすると、全ての運に効果のある組み合わせとなります。

モリオンとルチルクォーツの相性③アメジスト

モリオン,ルチルクォーツ,相性

恋愛運や癒しが欲しいときはアメジストをプラスしてください。

アメジストは、ルチルクォーツやモリオンとも相性が良く、足りない恋愛と癒しを足してくれる効果があります。

モリオン+ルチルクォーツ+アメジストは厄除けをしながら金運や恋愛運を高めてくれます。

モリオンとルチルクォーツの相性は金運とお守りの運を高めてくれる天然石!まとめ

モリオン,ルチルクォーツ,相性

今回は、「モリオンとルチルクォーツの相性は金運とお守り!運を高める天然石」と言うことで、モリオンとルチルクォーツの相性をみてきました。

モリオンとルチルクォーツは金運とお守りそして仕事運や目標達成に力を貸してくれる天然石でした。

また、恋愛運や癒しのパワーがプラスしてほしいときは相性の良い天然石を組み合わせてください。

モリオンとルチルクォーツで金運やお守りの効果をあげていきましょう。