希望の党

活動情報

トップ > 活動情報 > 米朝首脳会談を受けての代表談話を発表しました
2018.06.12 | 党声明・談話
米朝首脳会談を受けての代表談話を発表しました

米朝会談を契機に拉致被害者救出の実現を強く望む


 

 本日、シンガポールにおいてトランプ米大統領と金正恩北朝鮮労働党委員長との間で米朝首脳会談が行われ、共同声明に署名した。共同声明によると、①米朝関係の正常化、②韓半島(朝鮮半島)の平和体制保障、③韓半島の完全な非核化、④韓国戦争(朝鮮戦争)の遺骸送還の4項目について、合意したとされている。

 内容の詳細は不明であるものの、この合意により米朝関係が正常化し、朝鮮半島の緊張が緩和することを切に望むところだが、北朝鮮の過去の行動を見る限り、今後の動向を楽観視することは出来ない。

 また、トランプ大統領は、拉致問題についても提起したとしているが、これも具体的な内容が不明で忸怩たる思いがする。

 いずれにせよ今後は、核兵器だけではなく、生物化学兵器を含めた大量破壊兵器、アメリカのみならず日本を射程に入れている中短距離ミサイルを含めたあらゆる弾道ミサイル及び関連施設の、完全で検証可能かつ不可逆的な廃棄(CVID)を、北朝鮮に確実に実行させなければならない。

 更に、トランプ大統領の提起を契機に、安倍総理は、わが国の国民の生命と安全が脅かされ、わが国の主権に係わる重大な問題であり、かつ、北朝鮮による国家的犯罪である拉致問題について、自ら主体的に解決に向けて最大限の努力を傾注しなければならない。

 加えて、わが国は、拉致被害者全員の救出が図られない限り、北朝鮮に対して、一切の制裁の解除及び支援を行わない姿勢を断固継続すべきであることを付言する。

平成30年6月12日

希望の党 代表

松沢 成文