活動情報

トップ > 活動情報 > 東日本大震災の復興状況について視察を行いました
2018.07.30 | 党活動
東日本大震災の復興状況について視察を行いました
希望の党議員団は、東日本大震災の復興状況の視察として、7月26、27日に岩手県内各地を訪問しました。
この視察には、松沢成文代表、行田邦子幹事長、中山成彬最高顧問、中山恭子顧問が参加しました。
希望の党では引き続き、東日本大震災の復興支援を継続して参ります。

【一日目】
岩手県庁を訪問し、千葉茂樹 岩手県副知事より復興の状況について説明を受けました。

宮古市の津波遺構「たろう観光ホテル」で復興の状況について説明を受け、要望書を受け取りました。



平野公三 大槌町長と面会し、復興の状況について説明を受けました。


来年のラグビーW杯の会場にもなる、釜石鵜住居復興スタジアムを視察しました。

野田武則 釜石市長と面会し、復興の状況について説明を受けました。


【二日目】
陸前高田市にて堤防の建設現場を視察しました。

陸前高田市にある「けせんプレカット事業協同組合」の工場を視察しました