活動情報

トップ > 活動情報 > 翁長沖縄県知事の訃報に接して
2018.08.09 | 党声明・談話
翁長沖縄県知事の訃報に接して

「翁長沖縄県知事のご逝去を悼む」
 


 8月8日夜、翁長雄志沖縄県知事ご逝去の報に接し、驚きとともに自己の信念を貫く途中で旅たった無念さを慮るとともに、心からのご冥福をお祈り申しあげます。

 那覇市議会議員、沖縄県議会議員、那覇市長、沖縄県知事と長い政治経歴の下、一貫して沖縄のため懸命に努力されるとともに、安全保障と海洋政策に真剣に取り組み、那覇軍港の返還等、戦後の基地問題の解決にご尽力されたご功績に心から敬意を表します。

 翁長知事は、集団的自衛権容認等、現実的な安全保障政策を抱きつつ、日本の安全保障は日本国民全体で考えるべきものであると主張されていました。
 将に正論であり、我々は自分たちの安全について、自分たち自身で考えた上で、全員で等しく負担すべきものであると考えています。
 それについて共通の認識と納得感の形成こそ政治の役割であると確信しています。

 今後も、沖縄県民の声に丁重に耳を傾け、沖縄県民の現実的な基地負担の軽減の実現に、希望の党として真剣に取り組んで参ります。

 

平成30年8月9日
希望の党
代表 松沢成文