活動情報

トップ > 活動情報 > 【10月4日】松沢成文代表 定例記者会見&希望の即答vol.9
2018.10.05 | 党活動
【10月4日】松沢成文代表 定例記者会見&希望の即答vol.9
10月4日に行われた松沢成文代表の定例記者会見の動画を公開しました。


 

【内容について】
・沖縄県知事選挙が終わって(00:21頃~)

残念ながら、希望の党が推薦した佐喜眞淳候補が敗れてしまいました。

今回の選挙の一つの争点は普天間飛行場の危険性をいかにして除去するかでしたが、玉城候補は具体的な解決策については触れていませんでした。佐喜眞候補も辺野古への移転は明言していませんでしたが、政府との対話によっては現実的な解決策を目指すという方向性でしたので推薦をいたしました。

玉城候補の勝利となり、今後普天間飛行場の危険性除去として我々が考える解決策である辺野古への移転がしっかり進むように頑張っていただきたいと思いますが、報道によると玉城新知事は「絶対に辺野古には作らせない」ということですので、ここでまた大きく停滞してしまうことを危惧しています。
ただ、沖縄には他にも経済、雇用、離島振興、その他の基地の問題等ありますので、玉城新知事にはしっかりと政府と会話をした上でいい方向性を出していただきたいと思います。

加えまして、宜野湾市長選では我が党から推薦をした松川正則氏が勝利しました。今月の那覇市長選に於いては翁長政俊氏候補を、また豊見城市長選挙では宜保安孝候補を、それぞれ推薦依頼がございましたので希望の党から推薦しております。

・安倍新内閣人事に関して(02:57頃~)

私の感想としては、麻生財務大臣が再任されたことは承服しがたく、残念でなりません。財務大臣を4年間努めて来た中で政策的な実績はほぼゼロ、政権公約だった消費税の増税は二度も延期、プライマリーバランスを初めとする財政再建目標も全く達成できずに延期をしてます。これは財務大臣として最も力を入れて推進しなければいけない政策が全く実現できていないということになるでしょう。

また森友事件にあったように、財務省理財局内での公文書の改ざん・隠蔽、国会の虚偽答弁という大不祥事を起こし、さらには財務次官である事務方のトップがセクハラ疑惑で辞任するという財務省の大失態についてもトップである財務大臣が何の責任も取っていません。このような財務大臣を続投させたことで、内閣改造の評価はガタ落ちだろうと考えています。

また今回の19閣僚のうち12閣僚が新閣僚です。正直申し上げて、我々国民レベルでもほとんど存じ上げない方が多かったため評価しづらいのですが、何をやりたい内閣なのか政策的なインパクトが人事から伝わって来ませんでした。在庫一掃セール内閣なんていう名前も出ましたが、総裁選で応援してくれた派閥の大臣待機組を処遇しただけの組閣に終わっているようですので大きな政策推進力は期待できない気がします。

・憲法改正に対する希望の党の方向性(05:40頃~)

今後の安倍内閣の政策推進の一つの大きな方針として憲法改正の取り組みがあります。希望の党は憲法改正を目指す政党ですからその方向性自体には賛成です。これに対して他の多くの野党や与党である公明党を含めて、「時期早尚だ」「もっと慎重な議論が必要だ」「やり方がよくない」「安倍総理のもとでの憲法改正は危険だ」などの声がありますが、このようなコメントは審議をしたくないときに使うものであり、これでは日本の改革が全く進みません。

我々は安倍総理や自民党のために憲法改正をするのではなく、日本国の発展を目指して憲法改正をしていくべきだという立場です。例えば9条の改正案も作りましたし、国民の知る権利、プライバシー権の改正案も具体的に作っていますので、これらの私たちの案を審査会で提示して議論を深めていきたいと思います。

・日本維新の会との参院統一会派結成の提案(07:16頃~)

約2週間前に私から日本維新の会の片山代表に対し、日本維新の会の参議院の会派と希望の党の参議院の会派の統一会派を作ることができないかという提案させていただきました。

現在、維新で党内議論を進めていただいており、我々も党内議論を進めております。どのような目的で会派を一緒にするのかをしっかりと国民の皆さんにアピールできるように調整をしているところで、私の立場としてはぜひとも維新の皆さんのご理解をいただければと思っています。

・新閣僚の教育勅語発言に対する見解(08:18頃~)

柴山文科大臣が就任記者会見で教育勅語は部分的には道徳教育において普遍的なところがあるのではないかという発言をしたそうですが、教育勅語あるいは明治憲法は、その後憲法改正が行われて日本国憲法ができ、教育基本法が施行された過程において衆参両院で排除、失効決議がなされているわけですから、そのような形をとった以上は戦後の教育で使うことは大きな矛盾であり、おかしいと考えます。

ただ、歴史の過程で明治時代に明治憲法ができて、教育勅語に基づいた教育が行われていたという事実については、歴史という観点を含めて今の人も学んでいくべきだとは思います。その辺りの振り分けをしっかりと行うべきで、そうでなければ混乱してしまうでしょう。

・マスコミ各社質疑応答開始(10:03頃~)

また第9回目の希望の即答も行いました。
こちらもぜひご覧ください。



 

【内容について】
Q1:安倍新内閣についてどう評価しますか?首相は「全員野球内閣」だと言ってますが、松沢代表は例えると何内閣だと思いますか?(0:52頃~)
Q2:井上一徳政調会長は希望の党内ではどんな役割をされていますか。京都北部に関するSNSでの発信が豊富で、京都府民として感謝しております。(6:08頃~)
Q3:京大の本庶教授がノーベル医学生理学賞を受賞しましたが、このニュースについて感想お願いします。(7:34頃~)
Q4:本庶佑教授のノーベル賞受賞で基礎研究の大切さが改めてクローズアップされてますが、もっと基礎研究への投資が必要なのではないでしょうか?(9:35頃~)
Q5:消息が不明だった中国人女優ファン・ビンビンが脱税で罰金146億円の支払いを命じられたとのことですが、この件についてどのように思われますか?(10:59頃~)
Q6:日本は好きですか? また、日の丸・君が代に嫌悪感を抱く人もいるみたいですが、どう思われますか。 (松沢代表は衆議院議員時代に国旗及び国歌に関する法律案に賛成されているので、国旗・国歌に理解のある方と受け止めています)(15:24頃~)
Q7:松沢代表は月に行ってみたいですか?(18:59頃~)
Q8:小学校は6年、中学は3年、高校は3年、大学は4年にわけられているのはなぜですか。(21:23頃~)
Q9:松沢代表はプロ野球どのチームのファンですか?また巨人の高橋由伸監督が辞任を発表しましたが、どう思われますか?(24:28頃~)
Q10:「森永チョコフレーク」が生産終了することになって愛好家としては悲しいです。このニュースについてどう思いますか?松沢代表は昔どんなお菓子が好きでしたか?(27:19頃~)

 

※youtubeの概要でもスムーズに質問を見ることができます。そちらもどうぞご利用下さい。
youtubeへのリンク