facebook twitter instagram LINE

活動情報

トップ > 活動情報 > 新年のご挨拶
2019.01.01 | 党声明・談話
新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

国民の皆様におかれましては、お健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。皆様方には、日頃よりご指導、ご鞭撻を賜り、心から御礼申し上げます。

私たちは、昨年5月に、国会議員5名で新たに希望の党を立ち上げました。私たち希望の党は、自民党のような利権保守ではなく、何でも反対の抵抗野党でもない、「改革保守」という新しい第三極をつくる政治改革を目指してスタートしました。

外交・安全保障は現実的な政策を、経済をはじめとする内政は、政府に対して対案を提起していく、是々非々のメリハリのある政治に挑戦してきました。

具体的には、働き方改革法について、具体的対案を提示し修正を求めた結果、合意に至ることができました。

また、私たちは、基本政策に憲法改正を掲げ、独自の憲法改正案(①第9条改正案、②新しい人権、③地方自治、④国家緊急権)を取りまとめました。私たちは、国会の場で、憲法改正論議を行うことは、国民から負託を受けた国会議員としての責務であると考えており、逃げずに正々堂々と建設的な論戦を行いたいと願っています。

更に、私たちは、基本政策の冒頭に消費税増税の凍結を掲げています。アベノミクスにより日本経済はデフレ基調から脱却しつつあるものの、米中貿易摩擦の激化等による世界経済の不安定化など予断を許さない状況にあります。日本経済が、デフレから完全に脱却し、成長路線が軌道に乗るまで、消費税増税は凍結すべきことを今後も強調し続けていきます。そして、税制の構造改革を実行すれば、消費増税しなくとも財源を捻出することは可能であり、その改革案も提起して参ります。

本年は、4月に統一地方選挙、7月に参議院選挙が予定されています。私たちは、国民の声を良く聞き、政策を一層みがき上げ、理念を共有する多くの同志を募り、皆さまと共に活力ある政治を実現するために邁進して参ります。

日本に「改革保守」という新しい政治勢力を創り上げるために、何卒皆様のご指導、ご鞭撻を宜しくお願い申し上げます。

希望の党 代表
参議院議員
松沢しげふみ