開運

おみくじは財布にいつまで入れておく?正しい扱い方や保管方法について

おみくじ,財布,いつまで

初詣に行ったらおみくじをひいてみる人、多いのではないでしょうか。

年の初めの運試し!大吉だと良い年になりそうで嬉しいですよね!

おみくじを財布に入れてお守りがわりに持ち歩きたくなってしまいます。

でも、おみくじって財布にいつまで入れておいていいのでしょうか?
そもそもおみくじの正しい扱い方や保管方法って?

おみくじは

  1. 財布に入れていいの?
  2. 入れておく場合はいつまで入れていていいの?

について調べてみました!

おみくじは財布にいつまで入れておく?

おみくじ,財布,いつまで

神社の境内の木におみくじがずらっと結び付けられている風景、よく見ますよね。

おみくじは木に結んで帰るもの?

悪い結果のおみくじだけ結び、良い結果であれば持って帰る方が良い、という話も聞きますが、実際のところはどうなんでしょうか。

意外と知らないおみくじの正しい扱い方おみくじは財布にいつまで入れていいのかについてご紹介していきましょう。

おみくじの意味や運勢について

おみくじ,財布,いつまで

「小吉」と「末吉」ってどちらが良いかご存知ですか?

「吉」と「中吉」も分かりづらいですよね

ここで、簡単におみくじの運勢の意味をご紹介いたします。

運勢が良い順番に上から並んでいます。
大吉 最高に良い運気を表します。が、今がピークともとれるので努力は継続して。
最高とまではいかないが良い運気。まだ上がる余地もあり安心感のある運気です。
中吉 悪くはない運気。大吉の半分くらいの運気という説も。
小吉 低めの状態で停滞した運気。末吉より上だが、これから吉凶どちらに転ぶか分からない?!
末吉 これから吉に向かっていくため未来に期待が持てる運気。
底の運気。おみくじに書いてあるアドバイスを実行して運気上昇を。

なお、神社によっては吉と中吉の順番が入れ替わったり、「半吉」「末小吉」などが間に入っていることも。

そしてどんな結果が出ようとも、大切なのは、書かれてある中身です。

おみくじの本当の意味は?

おみくじ,財布,いつまで

おみくじは漢字だと「御神籤」と表記します。

「神様が自分に伝えようとしてくれていること」「現状を良くしていくためのアドバイス」を知ることのできる道具として、古来から受け継がれてきたものなんです。

素直な気持ちでひいたおみくじには、あなたに必要なメッセージが含まれていますよ

なので中身を流し読みしていてはもったいない!

「大吉だと嬉しい!」「凶だとがっかり・・・。」と単純に思いがちですが、実は大吉であっても「○○を慎めば大成す」というようなアドバイス色の強いものも含まれています。

大吉を引き当てたからと言って、書いてあることを実行しなければチャンスをつかめないかもしれません。

またでも「これから明るい兆しが見えてきますよ」というふうに励まされる内容が書かれていることも少なくありません。

ぜひ書いてあることをじっくり読んで、神様からのアドバイスを実生活に活かしていただきたいと思います。

おみくじは結ぶor持って帰る?

おみくじ,財布,いつまで
おみくじは持ち帰らずに木に結んだ方がいいのか、持ち帰った方かいいのか。

結論としては「どちらでも良い」です。

「おみくじを結ぶ」という言葉と行為には、「神様とのご縁を結ぶ」「生命力あふれる木と自分の願いを結ぶ」といった縁起の良い意味が込められています。

持ち帰ったおみくじをいつの間にかなくしてしまったりするようであれば、結果に感謝して境内の木に結んで帰る方がよいかもしれませんね。

なお、神社によっては木が痛んでしまうことを避けるためや、景観を損なわないためにおみくじを結ぶ場所が指定されている場合がありますので、必ず指定の場所に結んで帰るようにしましょう。

もちろん、おみくじの内容を見返すために、大切に持ち帰るのも正解です。

何かで迷った時などに読み返すと、最初とは違った気づきがあるかもしれません

おみくじを財布にいつまで入れる?

おみくじ,財布,いつまで

持ち帰ったおみくじは、いつでも見返せるよう、財布の中に入れて持ち歩くのがおススメです。

仕事や日常生活で何か問題ごとが起こった時には、お茶を飲みながらおみくじをゆっくり見直してみてはいかがでしょうか?

解決のヒントが見つかるかもしれません。

では、いつまでお財布に入れておいていいの?

おみくじを財布に入れておくのは、翌年のお正月までとなります。

なお、特定の願い事に対しておみくじをひいた場合は、その願い事が叶ったタイミングで、神社に「お礼参り」に伺いましょう。

その際に願いが叶ったことに感謝して、おみくじを神社へ納めるのが良いと思います。

おみくじを財布に入れる正しい扱い方や保管方法は?

おみくじ,財布,いつまで
おみくじを財布に入れると言っても、どこにどのように入れたらいいの?

カード入れ?

お札と一緒に?

雑に扱うのは気がひけるけど、どうやって保管したらいいのか分からないですよね

ここでは、「おみくじの正しい扱い方」「保管方法」をお伝えしていきます。

おみくじの正しい扱い方

おみくじ,財布,いつまで

おみくじはお守りではないですが、縁起物には違いありませんので粗末にしないように気を付けたいものです。

保管場所には特に決まりはないので、きれいな状態で保管できればOKです。

翌年のお正月まで、または、願い事が成就するまで保管しましょう。

願い事が成就する前にお正月が来たら、古いおみくじは処分して、新しいおみくじをひいてみることをおすすめします。

一年たてばずいぶん状況は変わるもの。

願望成就に向けて、今の状況に相応しいメッセージをいただき、心新たに進んでいきましょう
がんばって!

おみくじを処分する時は、その年一年間の指針となってくれたことに感謝して、神社へ納めるか、とんど焼きなどのお焚き上げの行事に参加できるようであれば、持って行って焼いてもらうと良いと思います。

自宅で処分する時も、無造作にゴミ箱へ捨てたりせず、お塩を一振りしてから、きれいな紙に包んで、感謝を込めて燃やせるゴミとして処分しましょう!

おみくじの正しい保管方法①

おみくじ,財布,いつまで

おみくじを保管する場所については、机の引き出しや、神棚箱に入れておくなどお好きな場所でOKです!

ただし、色々なものでごちゃっとなっている引き出しに突っ込んだり、あまりないとは思いますが埃だらけの神棚に置いておくなどはNG!

きれいな場所に保管してあげてください

ただ、引き出しや箱にしまうと、つい存在を忘れて1年間しまいっぱなし・・ってかなりの確率でなりますよね。

おみくじに書いてあることを実生活に活かさないのはもったいない!

せっかく持ち帰ったのですから、いつでも見返せるように常に持ち歩いているお財布に入れておくのがおススメです。

お財布に入れる場合もレシートなどと一緒にせず、よれよれにならないような場所に入れるようにしましょう。

小銭入れに入れるのは一番良くないです。

お金には厄がついていると言われていますので、おみくじ自体の運気も落ちてしまいますし、何よりあっという間によれよれになったり汚れてしまいます。

おみくじの正しい保管方法②

おみくじ,財布,いつまで↑ ダイソーのジップケース

 

どうしても小銭入れしか入れる場所がないようであれば、このような小さいジップケースを利用してみてはいかがでしょうか。

100円ショップで捜してみると、可愛い柄がたくさんあります。

おみくじを入れる場合にも使えますね。

カード入れに余裕があれば、一つをおみくじ専用の場所にするのもおすすめです

おみくじは財布にいつまで入れておく?正しい扱い方や保管方法まとめ

おみくじ,財布,いつまで

ここでは、「おみくじは財布にいつまで入れておくものなのか、また、正しい扱い方や保管方法」をご紹介してきました。

成功者と言われる方は、神社によくお参りしているそうです。

そういう方は、きっとおみくじも書かれている内容も大切にされているのではと思います。

筆者もおみくじを通して神様が応援してくれているような気がしてきました!

元旦にひいたおみくじ、たまに読み返しながら一年間大切にしようと思います。