facebook twitter instagram LINE

希望の即答

  • 2019.01.20
    【希望の即答】イギリスのEU離脱が世界経済に影響を与えそうですが、松沢代表は本件についてどのようにお考えですか?(2019.1.17放送分より)
  • イギリスのEU離脱が世界経済に影響を与えそうですが、松沢代表は本件についてどのようにお考えですか?(2019.1.17放送分より)
  • いい質問ですねえ。私はまずイギリスのメイ首相に心から同情しますね。政治家ってのは難しいわ~と感じました。

    まず、EUと交渉しなければいけない。その交渉した結果、協定案を作ってきて国会に出しても、「もう即刻EUからブレグジットで出ていくべきだ」という人と、「EUに残留すべきだ」という人と、「いやいやもう少しソフトランディングで、やわらかくお互い傷つかないようにやりましょうよ」という人と、国家が3つの勢力に分かれてしまって全くそのメイさんが提示した協定案が多数取れないんですね。何回説得を繰り返してもダメで、昨日は負けてしまったので、合意無き離脱をするのか。もう一回EUと交渉をしたいけどEUが受け入れてくれるのか。受け入れてくれたとしても新しい協定案を国会が受け入れてくれるのか。政治に3つ、4つのバリアが来るわけです。それをリーダーは1人でやっていかなければいけないわけで、私はそういう意味ではメイさんは頑張っていると思います。

    結論から言います。イギリスは国民投票で決めたのだからEUは離脱すべきです。ただ、北アイルランドなどと国境が繋がっているところがありますから、そういうところで混乱が起きないようにしばければいけません。元々イギリスはヨーロッパ大陸ではありません。日本も島国だからアジア大陸ではないですよね。イギリスは島国として発展してきたところもあって、7つの海を制覇したりして海洋国家だったわけですが、ヨーロッパ大陸の国は地続きでヨーロッパの統一性があります。戦場になったのは第一次大戦も第二次大戦もヨーロッパですから、二度と戦争を起こさないというEUの理念に合致して、組みやすいのは大陸の国なんです。EUはヨーロッパの中の国と頑張って充実させていき、イギリスは海洋国家としてEUに入らずとも様々な交易や貿易で発展させるという位置に戻ってもいいのではないでしょうか。その方が、ヨーロッパが安定するのではないかと思います。

    イギリスというのはすごく主権意識が強い国で、女王陛下の大英帝国が世界を引っ張ってきたんだ!という自負がある国なので、そうであればイギリスの主権をより認めるかたちにしていってもいいのではないでしょうか。それで共存できる道はあると思います。

※質問は随時Twitterで受け付けています。#希望の即答 をつけて投稿してください。
※毎週木曜日『代表定例記者会見/希望の即答』ニコニコ生放送で放送中!(http://ch.nicovideo.jp/kibouno-tou)