facebook twitter instagram LINE

希望の即答

  • 2019.05.26
    【希望の即答】マスコミや野党の論調は、女性天皇女系天皇容認というかそうすべきという方向に偏向。今だけの浅知恵で約2600年間続いてきた日本の伝統を壊してはいけません。(2019.5.23放送分より)
  • マスコミや野党の論調は、女性天皇女系天皇容認というかそうすべきという方向に偏向。今だけの浅知恵で約2600年間続いてきた日本の伝統を壊してはいけません。(2019.5.23放送分より)
  • 津村さんは旧宮家の皇族復帰は不可能だと言っているんですね?それを支持すると。そうですか。

    やはり日本として皇位を安定的に継承する体制を作っていくことはすごく重要だと思います。特に今皇族の数が減っているわけですよね。その中で女性女系の天皇を認めると。しかし、一方反対論としては、日本は万世一系の男系男子で2600年続いてきた、これこそ日本の伝統なんだから、それを崩してはいけないと、これは時代の変化ではなくて日本国のあり方なんだという意見ですよね。これ両方の立場、分かります。私も悩んでいるんです。国会議員としてどう議論していこうか難しいところですが、ただ、女性天皇は一度作ってしまうと女系天皇に行く可能性が出てくるから絶対ダメだという方は多いですけど、ただ過去の歴史の中で女性天皇は確か6人いるんですね。でもその方が皇位を退くと、つまり亡くなったりすると、旦那さんとの間に生まれた子どもだと今度女系天皇になっちゃいますが、そこには行かずにもう一度、男系に戻す天皇家の血筋を戻すということをやってきたので、2600年今続いているんです。私はそこまでは許容範囲じゃないかという意見もわかるんです。女性天皇はいいけど、女系天皇まではダメだと。一度女性天皇で、少し言い方が失礼ですが時間を稼いでおけば、その他の皇族の男系で子どもが生まれてくる可能性もあるわけです。今は悠仁さんがいるわけで、例えば今女性天皇OKだったら愛子さんでもいいわけですよ。その愛子さんが20年か30年女性天皇をやっている間に悠仁さんがまた大きくなって、次ぎを継げるということにもなるのでね。悠仁さんと奥様との間に男の子が生まれればまた次の世代ができるということにもなるので、これはいろいろな知恵を働かせて日本の素晴らしい歴史伝統を守るということと皇室の安定的な継承を両立させるための知恵比べというか議論を政治がしていかなければいけないということだと思います。
    日本の国の国柄ですから。男女平等に反する、人権に反すると言われる方がいますが、それを言うのであれば天皇制自体がもう人権に反するわけです。だって天皇は国民としての権利を与えられていませんからね。だから天皇制の象徴天皇の国を守るとしたら天皇制の伝統を守っていかなきゃいけないと私は思うんですね。そんなふうに考えていています。

    旧宮家の復帰も私は議論していくべきだと思いますよ。男系を確実に守ろうとしたらこれも有力な案ではあります。ただ、もうだいぶ前に皇室を出ちゃった人に今さら帰ってもらえるのかという議論も当然出てきますよね。そういう人を強制するのかと。で、強制は無理だったら私は帰りますと手を挙げた方だけが帰るのか。その帰り方も、新しい宮家を作るのかそれとも女性皇族と養子縁組をしてお見合いをして結婚してもらうとかそこまで考えるのか。難しいですね。

※質問は随時Twitterで受け付けています。#希望の即答 をつけて投稿してください。
※毎週木曜日『代表定例記者会見/希望の即答』ニコニコ生放送で放送中!(http://ch.nicovideo.jp/kibouno-tou)