facebook twitter instagram LINE

希望の即答

  • 2019.01.20
    【希望の即答】日露間での北方領土問題を巡る交渉ではあまり良い話を聞きません。ぶっちゃけどう思います?(2019.1.17放送分より)
  • 日露間での北方領土問題を巡る交渉ではあまり良い話を聞きません。ぶっちゃけどう思います?(2019.1.17放送分より)
  • そう簡単にはいかないんです。領土問題には、バックに両国民がついていて、選挙もありますから政治家はやすやすと譲っちゃったらもう選挙が恐いです。落ちますからね。平時に領土問題を解決するのは本当に至難の技です。

    ですから、戦争でもあって、その後、講和条約、平和条約を結んで「あんたたちが悪いことして攻めてきたんだから、この領土はいただきますよ」等、大きな何かがないと領土問題は解決できないでしょう。プーチンさんもいろいろと話は投げてくるし、安倍さんもうどうにか自分の代でと頑張っていますが簡単には動きません。この前の外相会談でも全く振り出しに戻るような発言になってしまいました。

    ただ難しいのは、政治家というのは、だからといってじゃあ何もしませんというのも責任放棄になります。安倍さんもプーチンさんと何十回と会って、総理になってからどうにかちょっとでも動かそうとする努力は多としますが、私は簡単に領土というものは返ってこない、と楽観していません。厳しいと思います。というよりも、日本はきちんと実効支配をしておかないと取られてしまいます。一番わかりやすいのは、北方領土はもうロシアの人たちが住んでしまっていて、じゃあその人たちを引っぺがして領土を返すかといったら返せるわけがありません。住民にも感情があり、実効支配はロシアであって、日本人は居ないのです。

    竹島は韓国に実効支配されて韓国の方が住んだり、駐屯したりしています。もうこれは韓国から返ってきません。

    今、白紙状況なのが尖閣です。尖閣は日本が実効支配していると言っても、日本の行政権が及んでいる証拠がないんですね。だから例えば船溜まりを作るとか、通信基地を作るとか、灯台を作るとか、環境調査をしに役人が入ると主張をするんです。そうやって行政権は日本だから、日本の役人が入っていますよ、日本の施設があるでしょ、という実効支配を見せないとやられてしまいます。何もない状況で中国が先に上陸してきて、上陸した人たちを守ると言って軍まで入ってきてしまったらもうその時点で日本はお手上げです。だから尖閣を守るためには、尖閣の実効支配を明確化することからやらなきゃダメだと思います。

※質問は随時Twitterで受け付けています。#希望の即答 をつけて投稿してください。
※毎週木曜日『代表定例記者会見/希望の即答』ニコニコ生放送で放送中!(http://ch.nicovideo.jp/kibouno-tou)