facebook twitter instagram LINE

希望の即答

  • 2019.01.20
    【希望の即答】稀勢の里が引退してしまい悲しいです。松沢代表はいかがですか?(2019.1.17放送分より)
  • 稀勢の里が引退してしまい悲しいです。松沢代表はいかがですか?(2019.1.17放送分より)
  • 今日の新聞に「土俵人生に一片の悔いもない」という稀勢の里のコメントが出ていましたが、僕はあれを読んで「いや、これ本音かなぁ?」と思いました。稀勢の里、横綱になるのは大変でしたし、なった頃まではよかった。特にずっとモンゴル人横綱しか出ていなかったので、日本人の横綱として期待されましたし、また茶目っ気があるから人気もありましたよね。

    ただ、厳しいことを言いますが、稀勢の里の横綱としての土俵は、実績の面でも極めて貧しかったです。一時は白鵬と稀勢の里、大横綱時代到来かと思いましたが、実力からしてみると、全くダメでしたよね。怪我を本人のせいだけにしてはいけませんが、怪我が多すぎてほとんど休場、いつになったら出てくるのかなと思いました。だから、私は彼の本音からいえば悔いだけだったと思いますよ。そういうふうになってしまうと、そこからなかなか抜け出せないんですよね。そうなるといつ引退するのかのタイミングがすごく難しくなるでしょう。

    政治家の出処進退は最高の政治倫理であるという言葉があります。いつ出てくるか、いつ退くか、この決断の時期を見極めるのはすごく難しいということで、それに成功した人は非常に尊敬されますし、一方で、「いつまでやってんの?」とか「何でもう辞めちゃうの?もうちょっと頑張れよ」と思われてしまうと、その人の価値が半分になってしまうんです。だから、稀勢の里も、私はちょっと悔いが残ったのではないかなと思います。

※質問は随時Twitterで受け付けています。#希望の即答 をつけて投稿してください。
※毎週木曜日『代表定例記者会見/希望の即答』ニコニコ生放送で放送中!(http://ch.nicovideo.jp/kibouno-tou)